副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

  • 副業を始めようと思っているけど、Webライターって稼げるのかな?
  • あまり文章は得意じゃないけどWebライターなんてできるのだろうか?
  • Webライターやるには何か資格が要るの?と思っている方にこの記事は役に立ちます。Webライターは副業の中でもアフィリエイトと並んで初心者向きの副業なのです。
    誰でもできるとまでは言いませんが、ある程度文章のセンスがあれば月20万なんてことも夢ではないかも?
    ここでは、Webライターってどんなの?どんなメリットがあるの?どうすればWebライターになれるの?
    などを細かくチェックしていきます。

Webライターってどんな仕事?

副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

Webライターってそもそもどんな仕事なの?
パソコンとカメラもって取材にいくような仕事?と思われている方もいらっしゃるかと思います。
まずはWebライターがどんな仕事なのかをご紹介していきます。

WebライターはWebサイトの記事を書く人

簡単に言いますと、Webライター仕事は、Webに載せるための記事を書くということです。
当たり前だと思われるかと思いますが、本当にそれだけなのです。

では、取材とかインタビューとかはしなくていいの?
写真も撮らなくていいの?

などという声が聞こえてきそうですが、こういう仕事はWebライターではほぼありません。
クライアントの要望に沿って、ネットや書籍を参考にしながらWebに載せるための記事を書く!
これがWebライターのお仕事です。

どうですか?これならできそうだと思いませんか?

Webライターに専門的知識や取材は不要!

Webライターというと何か難しそうなイメージがありますよね?
専門的知識がないとできないような…とても敷居が高いようなそんな印象を持たれている方も多いと思います。
でも、実際のWebライターの仕事はクライアントから貰ったテーマやキーワードを基に、それに沿った情報を調べて書くだけなんです。

最初から知識がなくても、そのテーマを与えれれた時に、情報をインプットすればいいだけ!
しかも、ほとんど取材や員なビューなどをすることもありません。クライアントともネットだけの関係なのでとても気が楽ですよね。

人間関係に悩んだりすることもありません。
もちろん、専門知識は持っていた方が記事依頼はきやすいですが、最初は無くても大丈夫です。
仕事をしながら得意分野の知識を深めていけばいいだけです。

クラウドソーシングで仕事をゲット!

Webライターってどこから仕事を依頼されるの?営業しなきゃならないの?と思われている方もいるかもしれません。
今のWebライターの仕事の主流はクラウドソーシングになります。

クラウドソーシングとは、「仕事をしてほしい人」と「仕事をしたい人」をインターネット上でマッチングするサイト。
ネット上だけで仕事の依頼と応募、そして支払いまでできてしまうので大変便利なサービスです。

クラウドソーシングにはいろんなサイトがありますが、案件が多いのは「ランサーズ」「クラウドワークス」の2つになります。

多くのWebライターさんがこの2つの中で仕事をしています。

クラウドソーシングにログインすると、たくさんの仕事の募集がでています。
「Youtubeで気になるちゃんねるの感想を書いてください」というような募集案件がクラウドソーシング上に出ていて、
もし、「Youtubeの記事が書ける!」という人であれば誰でも応募することができます。

そこで、双方がマッチングすれば受注し仕事を始める事ができるのです。
つまりWebライターは、「家から一歩も出なくても」「専門的な知識も不要」で、「ウェブで調べた情報をまとめて書くだけでできる」という、かなり始めやすい副業なのです。

副業でWebライターがおすすめの3つの理由

副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

政府の働き方改革以降、さまざまな副業の情報がインターネットでよく見かけるようになりました。
副業には、アフィリエイトやブログ、せどりや株やFXのような投資などいろいろなタイプがありますが、中でも不動の人気を誇るのがWebライターです。

自分の好きな時間に、自分の好きな場所で、自分で書いてみたいと思うテーマの文章を書くだけで副業になるのです。
ここでは、副業でWebライターがおすすめ!な理由を3つ選んでいました。

スキル不要、誰でもできる

Webライターは、特別なスキルがなく誰でもできる仕事です。
クライアントのテーマに沿ってインターネットで調べたことを記事にするだけなので、
専門的な知識も取材などで必要とされるコミュニケーション力もいりません。

Webライターで必要なスキルといえば、日本語と一般常識、それにタイピングくらいかもしれません。
日本語と一般常識は普通は持ち合わせているので、年配の方の中にはタイピングが苦手という人もいるかもしれません。
ただ、タイピングは今は練習ソフトがとても良いソフトがあり、3か月もあれば誰でもブラインドタッチが習得できるようになります。

たった、数か月の練習で自分で稼げるスキルや自由を手に入れられるなら安いものではないですか?
もし、タイピングが得意でない人もこの機会にぜひタイピングをマスターしてみてください。
将来的に関らず為になりますよ。

初期投資が少なくリスクゼロ

Webライターはリスクがとても低くほぼ無いというのがメリットです。
何か初期投資が必要ということもなく、パソコンさえあれば仕事ができてしまいます。

通常、一般的な仕事でリスクがゼロというような仕事はほぼありません。
例えば、商売をやるにしてもそこには仕入れというリスクが発生します。そして売れなければ在庫になってしまいます。

飲食店をするにしても、膨大な設備投資が必要となりますし、それは回収できるかどうかも分かりません。
また、株式投資やFXをするにしても、投資というリスクがあります、儲かればよいですが大暴落した時なのはその損失を背おわなければなりません。

つまり、Webライターという仕事はリスクが極めてすくないため、副業向きともいえるのです。

「いつでも」「どこでも」「好きなだけ」のペースで仕事が可能

Webライターの仕事は、サラリーマンのように時間や場所に縛られることなく、「いつでも」「どこでも」「いくらでも」仕事ができるのが魅力です。
これが副業ももっとも的しな仕事であることは間違いないでしょう。

よく副業というとアルバイトや運転代行などを思いつくかもしれませんが、どちらも時間の制約、場所の制約があります。また、そこに通うための時間も捻出しなければならないため、副業で行うにはとても自由度が低いものなのです。

それに、仕事でもっとも疲れるのが人間関係。これはほとんどの副業では避ける事ができません。
本業で疲れて、副業でも疲れるなんてことが度重なればいつしか精神的にも参ってしまうこともあるでしょう。

その点、Webライターの仕事は時間に縛られることもなく、どこで仕事をしても良く、また面倒な人間関係もなく、自分が好きなだけ仕事ができるというのは本当にこの上ない自由な仕事なのです。

どうせ、始めるならストレスなく稼げるWebライターの仕事を選んでみてはいかがでしょうか?

副業Webライターのその他のメリット

副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

定年後も続けられる仕事である

最近は定年後も年金が出るまでの間働き続ける人も少なくありません。
内勤ならともなく、ガードマンや駐車場管理のアルバイトとなると体力や精神力が必要となりますね。
今の日本の状況だと年金の給付が遅くなることも十分考えられます。

でもそんな場合でも年齢や体力に関係ないWebライターであれば預金を切り崩さずに収入を得つづけることができます。
老後2000年問題、定年後の生活に少なからず不安を抱える人も多いと思います。

Webライターは、自分の好きな時間に自分の好きな場所で、自分のすきなだけ仕事ができます。
定年前にWebライターで稼ぐ術を身に着けさえすれば、いくつになっても収入を得る事ができるので安心ですね。
副業でサラリーの補填だけでなく、定年後の収入源を確保できるのもWebライターの大きな魅力です。

文章力が上がるので本業の仕事にもプラスになる

Webライターは文章を書いてお金をもらう仕事になります。
毎日、多くの文章を書くことによって、文章を書くこのになれ、文章力が身についてきます。
この文章力というのは今の時代、どんな職業であっても必要なスキルになってきています。

例えば営業の仕事。
今までは営業は文章は書けなくても言葉だけで仕事ができてかもしれません。
ただ、今では企画書はもちろん、SNSやHPを営業ツールに使うことはとても増えてきています。
そこで情報発信するには間違いなく文章力が必要とされます。

なので、営業だから文章力がなくても十分できるという時代はもう終わったんのです。
このように、副業で培った文章力は、仕事をすすめる上で、強力な武器になります。
文章力と年収は比例するというデータもあります。

2012年にビジネス雑誌の大手プレジデント社とgooリサーチとの共同調査にて、ビジネスマン600人(年収1500万円以上300人、年収500万円台300人)にとったアンケートでは、次のような結果が出ています。

年収500万円台のそこそこ稼ぐビジネスマン(以下、そこそこ社員)には、「書くことが苦手」という人が多い。年収1500万円以上のハイパフォーマー(以下、稼ぐ人)では、苦手意識があると答えた人が36.4%なのに対して、そこそこ社員は58.3%に達する。書く力は稼ぐ力に直結していると言えそうだ。

PRESIDENT 2012年3月19日号「年収500万vs1500万の「書く力」と「稼ぐ力」」
https://president.jp/articles/-/12650

Webライターなら副業として収入を得られるだけでなく、本業の年収アップに直結する「文章力」を身につけることができます。

スキルの積み上げが容易で高収入が期待できる

仕事の中には毎日の仕事のスキルが積み上げられて将来的にとても有効に導かれる場合と、その時だけで終わってします仕事があります。

Webライターは日々のライティングスキルを身に着けることで、仕事の質や収入も増えていく仕事です。
これが、アルバイトなどの仕事では、スキルにはなりにくく、いくら仕事にな慣れてきても時給の供給はせめて50円か100円程度です。

このような単純労働は同じ時間働いたとしてもスキルの積み上げにはなりにくいものです。
Webライターの仕事は日々の仕事の中で、どんどんスキルが積み上がっていき、自分の価値も上がります。。
スキルが上がればより高単価の案件を受注できますし、執筆速度も速くなれば、収入も2倍、3倍と飛躍的に上がっていくことも普通にある世界です。

もちろん、Webライターでも最初のうちは、時給換算するととてもアルバイトほど稼げていないということが多いのも事実です。

でて、数さえこなしていけば必ずライティングスキルは上がっていきます。また、執筆スピードも上がっていきます。
つまり、仕事をしながら、自分のスキルを上げる事ができるのです。
最初だけでなんだ、Webライターの仕事は効率が悪いと諦めて投げ出してしまう人がいますが、とても持ったないないことをしています。

自分のスキルを磨きながらより、高収入を目指していきましょう。

副業Webライターになるには

副業WEBライターってどんな仕事?誰でもできる?どこで学べる?

Webライターは誰でもなれる仕事であるという話をしましたが、では、実際にどのようにすればWebライターになれるのかが分からない方もたくさんいらっしゃると思います。

Webライターには大きく分けると「企業に属したWebライター」「フリーランスのWebライター」「副業のWebライター」の3つに別れます。ここでは主にこの副業のWebライターになるためには?という情報をお伝えします。

資格やスキルは要らない

Webライターに資格は必要?

Webライターに必要な資格というものはありません。薬剤師になるのに薬剤師免許が必要というような資格はWebライターにはありません。

なので、誰でもなれる仕事なのです。世の中で資格がないとできない仕事というのはとても多く資格を取ることも難しいですよね。

でも、Webライターは名乗ったその日からもうあなたはWebライターと言えるのです。
Webライターに必要なスキルでは、Webライターに無くてはならないスキルはあるのでしょうか?それは、情報伝達力です。自分が思った事を自分の言葉で相手に伝わるように伝える事ができるかどうか?これがWebライターではもっとも大切なものなのです。

ただ、この情報伝達力は多くの人がすでにもっているものなのでそれを文章に置き換えることさえできればさほど難しいものであはありません。

また、Webライターも立派なビジネスですから、ビジネスマンとしての一般常識ももちろん必要です。

Webライターに向いている人、向いていない人

Webライターに向いている適性は、人に何かを伝える事に喜びを見いだせるかどうか?の1点に尽きます。
それは、SNSにしても営業にしても何でも構いません。自分の知識や考え方を人に伝える事でどう化学変化が起こるがを楽しめる人はWebライターにとっても向いていると思います。

逆に向いていない人は情報の伝達力が弱い方、自分の知識や考え方を相手の伝えるのが下手、好きでない人です。
文章が苦手とかいうのは、数をこなせば身につくものですが、この文章伝達力はもともと備わっていない人が身につけるには相当努力が必要です。

つまり、Webライターに必要な資格はスキルはありませんが、最低限身に着けておきたいスキルは向き不向きはあると言えます。

クラウドソーシングに応募する

Webライターはどうやって仕事を見つければいいのでしょう?
一番手っ取り早いのは、クラウドソーシングです。
多くのWebライターはこのクラウドソーシングから仕事を貰いお金を稼いでいます。

クラウドソーシングとは
クラウドソーシングとはネット上で仕事を探している人と仕事を依頼したい人がマッチングするための場所です。
例えば、「確定申告の記事を書いて欲しい人」が仕事を依頼し、「確定申告の記事を書きたい人」が仕事を受注します。
その場所を提供してくれるのがクライドソーシングになります。

クラウドソーシングは日本にはたくさんありますが、代表的なのは「ランサーズ」と「クラウドワークス」です。
まずWebライターを始めたいという人はこの2つのクラウドソーシングに登録することから始めましょう。
登録することで、どんな仕事を募集しているかを見る事ができ、気になる募集にはすぐに応募することができます。

初心者歓迎の案件を探す

クラウドソーシングに登録したら、ライティングの募集案件を探します。
募集要件をよく見てみると、初心者可、初心者歓迎、など初心者向けの案件も数多くあることに気づくと思います。
最初から難しい案件に応募するとクライアントの要望にこたえられるかどうかも不安ですよね?

なので、まずはこの初心者可、初心者歓迎という案件に絞って探していきます。
次に大切なのは、その案件が継続依頼があるかどうか?です継続依頼がある案件だと、一度お仕事をして気に入ってもらえると、次からもスカウトという形でこちらから応募しなくてもクライアントから直接仕事は入ってくるのでとても有難いシステムです。

すべての案件に継続依頼があるとは思えませんが、継続有りなどという案件には是非とも応募してみてください。
最初はあまり文字単価を気にしなくてもいいです。

初心者可、初心者歓迎という案件は多くの場合文字単価は1円以下の場合が多いです。
でも、これは最初のうちは気にしないでいいでしょう。

ライティングは慣れるにしたがって記事の質も上がっていきます。それにクラウドソーシングでは評価というものがされるようになっていますので、単価は低くてもキチンとした記事を納品してクライアントからの評価が上がれば、自然と文字単価も上がっていくものです。

なので、最初のうちはあまり単価単価と気にせずに数をこなすという戦略でいきましょう。

最初は時間がかかってもとにかく書く

Webライターを始めたばかりの時は、おそらく時間ばかりかかって思うように筆が進まないかもしれません。
これは、実は誰でも通る道なのです。

2000円で請け負った仕事で5時間もかかってしまうなんてことはよくあることです。
単純に時給計算してみると、時給400円。アルバイトの時給のが高い!と思っちゃいますが最初のうちはそれで大丈夫です。気にしないでいきましょう。

文章というのは書けば書くだけ、質も上がり、執筆のスピードも早くなっていきます。
つまり、慣れていくのです。

そうなれば、どんどん同じ時間で書ける文字数も増えていきますし、スキルが上がれば文字単価も上がっていきます。
なので、心配することはありません。

副業Webライターの知識を学ぶには「副業の学校」がおすすめ!

副業の学校

副業Webライターを目指すのに一番おすすめなのがKYOKOさんが主宰する「副業の学校」です。

Webライターはもちろん、学校に通わなくてもできるものですが、それではあまりにも心細いし、最低限の文章力は見つけててから仕事をしたいというのが本音だと思います。ここでは「副業の学校」についてみていきましょう。

講師はどんな人?

副業の学校の講師でもあり代表を務めるのはYouTubeでも有名な「KYOKOさん]です。
もともとは凄腕アフィリエイターで有名ですが、実はWebライタの経験もあるそうです。
アフィリエイターとしても独自のペラサイト量産というノウハウで瞬く間にトップアフィリエイターにのし上がりました。

前職は教師だったようで、YouTubeを見ていてもKYOKOさんの動画はとても分かりやすく聞きやすく内容もまとまっているのはそのせいかもしれません。

いずれにしても副業やアフィリエイトについては日本では第一人者になるKYOKOさんが教えてくれる副業の学校は規模、質ともに日本ではもっともオススメです。

初心者にも安心なコンテンツ

副業の学校の特徴は、初心者でも安心して受けられるコンテンツであること。
その一つは専門用語です。初心者は専門用語が出てくると途端にフリーズしてしまう前に進まなくなってしまいますよね?

ところが副業の学校ではなるべく平易な言葉で専門用語を使わずに解説してくれているのです。
言葉が分かればなんとか理解することができます。
だから、初心者でも安心して講義を受けることができるのです。

Webライターコースカリキュラム

では、実際にWebライティングコンテンツはどのくらいの動画で構成されているのでしょうか?

コンテンツ内容

基礎知識編 vol1
パソコンの基礎知識
WEBライティングの基礎

基礎知識編vol2
WEBライティングの基礎
予備知識

実践編
クラウドソーシングの利用
収益化

番外編
スキルセット
補足情報

[総コンテンツ数:98コンテンツ][動画本数:48本][動画時間:4時間02分07秒][画像枚数:851枚]

この中で、パソコンの基礎からWebライティングの基礎、そして、クラウドソーシングの利用、収益化までWebライターを目指す上で必要な知識は身に着ける事が可能です。

料金ですが、入会翌月からは月額料金1,980円(税込)のみで全てのサービスを利用可能です。
いつでも退会可能です。※退会費用もかかりません。

まとめ

如何でしたでしょうか?
働き改革によって副業が認められ始めた日本ですが、副業でWebライターを選ぶべき理由はたくさんありました。
スキルも資格も必要なく、積み重ねることで収入アップが望めるWebライターはもっとも初心者が稼ぎやすい副業のひとつです。

現在の収入に月5万でも上乗せできれば生活はグッと楽になるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です